ギャンブルでの借金は自己破産できる?

ギャンブルでの借金は自己破産できる?

みなさんは自己破産と聞いてどのようなものを思い浮かべますでしょうか?おそらく、多くの方は自己破産というと、借金をしてどうにもならなくなった
人が最後の手段として使うのが自己破産だというイメージが強いかと思います。

 

確かにその認識はある意味正しいと思います。ですが、残念ながらすべての借金問題で自己破産ができるというものではありません。
それはなぜかというと、そもそも自己破というのは自己破産しましたと言えば済問題ではないからです。

 

自己破産をするためにはきちんと手続きをして国に自己破産を認めてもらわなければなりません。ですから、誰でも借金をしてどうしようもなくなったからといって
自己破産ができるわけではありません。

 

そして、自己破産が認められない典型的な例としてギャンブルでできた借金というのがあります。こういう場合に借金が返済できないからといって国が自己破産を認めるの
は問題があります。それはなぜかというと、こういう場合の自己破産を認めてしまえば、いざとなればギャンブルで大損しても自己破産でチャラになると思ってしまうからです。

 

なので、国はギャンブルで作ってしまった借金の自己破産は認めてくれません。ですので、みなさんもギャンブルは慎重にされた方が良いと思います。
ギャンブルでの借金は自己破産できるのか
多額の借金を抱えてしまい返すことが出来なくなった場合には、自己破産するしか借金問題を解決できないかもしれません。
自己破産は自分の持っている財産を手放して借金の返済に充てるかわりに、借金を全額帳消しにしてもらうことが出来る方法です。20万円以上の価値のあるものと99万円を超える現金は手放す必要があります。
しかし借金の原因がギャンブルだったり、浪費などの場合には原則自己破産が認められないことになっています。破産法252条で免責不可理由としてあげられているからです。しかし同時に自己破産に至った経緯や事情を裁判所が考慮した場合には免責許可することもあるとされています。つまり裁判所しだいで自己破産が認められることがあるという事です。
本来なら免責不可になる浪費やギャンブルが原因で多額の借金を作ってしまった場合でも、経験豊富な弁護士に相談すれば自己破産できるかもしれません。実際このような借金の場合でも、自己破産できたケースは多数あります。
自己破産の相談は無料で受け付けている弁護士事務所も多く、メールや電話でも相談できます。自分のケースが自己破産に出来るかどうか知ることができますし、自己破産できない場合でも他の対策
方法を知ることができます。