自己破産2回目って何年立てば出来る?

自己破産2回目って何年立てば出来る?

債務整理の中でも自己破産は、良く知られていると思います。
自己破産はそれまでの借金をなかった事にできるのが、最大のメリットと言えるでしょう。

 

自己破産を申請する事で、金銭的にはもちろん督促も無くなるので精神的にも負担が軽くなります。
借金の問題を解決できる自己破産ですが、実は1回だけでなく2回目も行えるのをご存じでしょうか?

 

自己破産は2回・3回と、何度でも借金を整理する事ができます。
しかし、ただ自己破産を申請すれば必ず破産できるという訳ではありません。

 

自己破産は裁判所の免責許可が下りなければ、借金を整理する事ができないのです。
免責許可とは、破産手続き開始決定を受けた後に裁判所が決めるもので、この免責決定が下される事により、債務が帳消しとなります。
1回目の自己破産の時は免責が下りて破産する事はできても、2回目は必ず免責が下りるとは限らないのです。

 

例えば自己破産をし、その後も破産した人でも借りられるキャッシング会社を利用し、また多額の借金を背負ってしまったという場合、
1度目の自己破産では何も学ばず、また反省もしていないとみなされ免責が下りないというケースもあるのです。

 

また1回目の自己破産を行ってから7年間は、自己破産を申請する事はできません。
自己破産は何度でも受けられる制度ではありますが、7年間は申請できない、また2度目は免責が下りないケースもあり難易度が上がってしまいます