自己破産とはどういうもの?※本音で語る自己破産とは

自己破産とはどういうもの?

借金の問題を解決できる債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産とい方法があります。
それぞれ効果に違いがあるので、自分の借金ケースに合った債務整理を選ぶ必要があると言えるでしょう。

 

まず任意整理ですが、この債務整理は引き直し計算を行い、それに基づき借金を減額できる債務整理となっています。
借金を返済していた期間や、金利などにより、どのくらい借金が減るかは変わるので一概に、減額される金額は言えませんが一般的に任意整理を行うと、
取引期間が3年以上あれば20%程度、5〜7年で50%程度、10年以上で借金がほぼ0円になる可能性があると言われています。
また、任意整理の特徴として裁判所を通さず、弁護士や司法書士が直接債権者と和解交渉を行うのが、他の債務整理と違う点です。

 

個人再生も任意整理と同じく、借金を減額し残った額を、返済していく債務整理です。
減額される金額は、借金により違いがあり例えば500万円を超え1500万円以下の場合だと、5分の1まで減らせるなど、
大幅に借金を減らせるのが個人再生の魅力です。

 

最後の自己破産ですが、この債務整理を行うと借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金はゼロになります。
ですので他の債務整理のように、借金を支払う事も無い為、債務整理の中でも1番金銭的な負担が無くなるのが特徴です。