破産宣告とは一体何?

破産宣告とは一体何?

破産宣告とは借金を返せない状態であると裁判所に認めてもらうことです。現在の財産のほとんどが強制的に売却され、そのお金は貸し主に公平に分配されます。その手続を経てから裁判所による免責の審査が行われます。ここでこれまでの反省とこれからの生活再建の決意を述べ、再生を認めるに値すると判断されると、免責決定がなされて残りの借金を支払わなくても良くなります。
これが破産宣告の手続きの流れになるのですが、この手続は裁判所に申し立てを行い、法律の強制力をもって借金を帳消しにしてしまうものです。本人が財産を失うのは当然のこととして、貸した側も貸したお金が戻ってこないという犠牲を強いられます。よって申し立てや手続きに必要な書類などは非常に厳格さを求められることになります。
自己破産を自力で行うということも可能ではありますが、このような手続きの厳しさからも申請の時点で何度も門前払いを受けることは珍しくありません。さらに免責が認められないと借金は残り、破産者の身分のまま10年間を過ごすことになります。職業制限も残ってしまいますのでこれは避けなければなりません。
以上のような理由から、スムーズかつ安全に破産宣告の手続きを進めたいのであればやはり債務整理に詳しい弁護士に依頼するべきでしょう。