自己破産後の借入について

自己破産後の借入について

債務整理を行う事により、手続きが完了するまでの間、返済義務を停止する事が出来ます。

 

自己破産したらどうなるの?〜自己破産後〜

 

返済義務を停止してしまう事により、返済を遅延しているという事になりますから
信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。

 

いずれにせよ、自己破産などの債務整理を行なう場合は、信用情報機関に再度、事故情報が登録されてしまう
わけですから、遅延での信用情報への事故情報の登録は気にする必要がありません。

 

自己破産したら発生するデメリット〜自己破産後〜

 

事故情報が登録される事により起こるデメリットと言えば
自己破産の手続き後、数年間の間は、借入が出来なくなる事です。

 

自己破産後の借り入れについて※自己破産したら…
ヤミ金の場合は、信用情報機関の事故情報は確認する事が出来ませんから
事故情報の有無に関係なく、高利で貸付を行なっている事が多いので
自己破産後でも貸付を行ってくれます。

 

自己破産後、注意すべきこと

 

自己破産後、数年間は再度自己破産を行う事が出来ませんから
再び借金地獄に陥ってしまっても、助けてもらいようがないのです。

 

自己破産を行う事により、約7年間〜10年間の間は一般的な消費者金融や銀行では
キャッシングもローンも提供してくれません。

 

この年数は一律ではなく、消費者金融や銀行などによって変わります。

 

一度借金を帳消しにしてもらったことのある所などからは
登録情報が抹消された後であっても、二度とお金を借りる事が出来ないと考えた方が良いでしょう。