支払督促がきたら…解決方法は?

支払督促がきたら…解決方法は?

支払い督促から通常訴訟に変えられるといったことが自己破産にあり、通常の訴訟はとても時間がかかってきますから、免責が決定するまでに終る見込みがあるかといったことを確認してください。

 

そして自己破産申し立て前に成立した差し押さえなど免責決定の確定後は無効とすることが可能であり、これは自動的に停止するものではなくて、申立人自信が債権者に差し押さえを停止するように伝えるといったことを忘れないようにしましょう。そして、自己破産の手続きを始めると、収入を貯蓄に回せるようになってきて、保険の契約などをするといったことが可能です。

 

ですが一部の資格は免責決定を受けるまでに制限を受けると言ったことになり、これによって、該当する資格が必要な業務につくと言ったことができなくて、それらの資格を取得するようなこともできないのですそして自己破産手続き中に制限される資格は公法上では士業と言われるものが挙げられるのです。

 

そして、司法上にもいろいろな資格制限があって、保証人や後見人になるといったことはできないのです。そして、株式会社の取締役や監査役への就任や合資会社で働くといったことも制限されるのです。こうしたいろいろな資格制限で不便な思いをするようなことがあるのですが、免責決定を受けると制限はすべて解除されるのです。