破産宣告のデメリットとは?

破産宣告のデメリットとは?

自己破産はとてもイメージが悪くて、借金まみれで首が回らなくて、親戚から後ろ指をさされて夜逃げや自殺などに追い込まれてしまうような人生のイメージがあります。そしてもちろん返していくあてもないようなお金をどんどん使っていくといった方は問題ある行為ですが、自己破産は誰でもその状況に陥ってしまうようなことがあります。もし自己破産をすればそもそも自己破産とはどういった状況かといったことを知ることが大事です。そして自己破産宣告されるとどうなるでしょうか。身ぐるみをはがされ済む場所も追いやられてしまうといったイメージがあったのですが、身の回りの生活用品は除外して不動産など売却など返済に充てられそうなものは換価が勧められるのです。そして自己破産宣告後は、10年間住宅ローンが組めなくなってきたり、クレジットカードが使いにくくなってきたり、社会的に信頼が低下してきます。そして名前と住所が記載されて着ますから、架空請求や悪徳金融業者などからの手紙が届くといったことなどの2次被害にあってしまう危険性があります。そして法によって守られていますから、控訴を起こされてしまうようなことや給与が差し押さえられるようなことなどの強制執行は受けることはないです。そして借金支払いが免除されると言ったことで毎月の支払いは止めることができます。そして選挙権がなくなるといったこともなくて、年金を受けるような権利のあるのです。