自己破産したら後悔する?借金が0円になるなら、それなりのデメリットがあるんじゃないの?と思っている方も多いですよね。自己破産のメリット・デメリットなどたくさんありますが、自己破産した人にしかわからない自己破産後の生活を本音で書いていきます

自己破産をすると住宅ローンはどうなる?

自己破産は自分で作ってしまった借金でないと行なう事が出来ないと考える方が多いのですがそういった事はなく、どういった借金であっても破産手続き開始決定を受けてから免責許可を得る事が出来れば、債務をなくす事が出来るのです。

 

自己破産が可能な条件とは、多重債務や自転車操業を繰返している方、債務が年収と同じくらいある方などです。

 

住宅ローンなどを組んでいる方の場合、債務は年収の何倍〜何十倍にもなります。

 

しかしきちんと職を持ち、返済し、返済計画を立て完済の見通しが立っている場合は年収の何倍〜何十倍もの借金を抱えていたとしても自己破産を行う必要はないのです。

 

年収の何倍〜何十倍もの借金を抱えたまま、職をなくし返済する事が出来なくなってしまった方などが自己破産の対象となります。

 

住宅ローンの返済となると、毎月数万円〜数十万円必要になります。
職も収入もなくなってしまい、貯蓄などもない場合はあっと言う間に借金地獄へ転落してしまいます。この状態の事を支払不能と言います。

 

支払不能な状態であれば、破産手続き開始決定はすぐに下されます。
住宅ローンを返済する事が出来なくなってしまった理由が、リストラで借金の経緯が住宅ローンであれば、免責不許可事由などにも引っかかりませんからスムーズに自己破産の手続きを行なう事が出来ます。
自己破産
自己破産はこの言葉のみで誰でもいいイメージはないのですが、自己破産をした方は、人間性までダメな方と思われることでしょう。そして一般人であれば自己破産をすれば普通に生活は送れないといったことより会社にもいられないといったことをかんがえたりします。ですが、実際にはそうしたことはないのです。自己破産は自分の借金が支払えなかった方が裁判所に申し立てをして借金免除をしてもらうといったことです。そして免除してもらう代わりに自分の財産はすべて失うといったこととなります。また、手続きとして簡単に聞こえてしまうのですが、自己破産は誰もができるといったことではないのです。裁判所に申し立てをしますから、認めてもらうことができないと免除してくれます。そして借金金額やどうして借金がそこまでふくれてしまったかといったことなど内容によって全く見当もされないです。そして、自分が浪費ぐせがあったり、借金が多額になってしまい自己破産をしてしまおうといった安易な考え方ではいけないのです。自己保あさんのことを知るといったことも大事ですが、そこまでならないといったことも大事です。そして、経営をしている会社の採算悪化や勤めている会社の悪化による退職など、借金問題で立ちいかなくなったとき生活を再建する手段で自己破産があるのです。