自己破産の注意点

債務整理の注意点

債務整理を検討中の方に…
債務整理して後悔するケースって?
債務整理に失敗

 

免責許可がおりない場合(詳しくは下部で説明)
債務整理後のデメリット

 

負債が帳消しになる分、デメリットが存在するので、デメリットをよく知る事が大事です。
債務整理というのは債務整理の1つの手段にすぎません。それぞれ、条件やデメリットも異なっています。
両方の対策は、債務整理を良く知り、「最善の手段を選ぶ事」です。

 

あなたのケースではどの債務整理方法が最適か?
債務整理しなくても減額できるか?

 

まずはここから匿名で無料シミュレーションを試してみましょう。

 

 

本当に、債務整理が最適な手段ですか??
債務整理が最適なのか不安…
他の選択肢も検討してみよう!

 

 

専門用語ばかりでよくわからない!
すぐに取立をやめさせたい!

 

という方は、まずは専門家に無料相談してみることをおすすめいたします。

 

 

 

 

 

無料で知識が深まり、視野が広がります。
早めの行動=吉です。悩んだらまず行動!!

 

 

 

→弁護士事務所の選び方をもっと詳しくみる

 

債務整理したら、何がどうなるの?

 

弁護士を通せば、簡単に債務整理の手続きを行う事が出来、債務整理の必要性があると裁判所に認めてもらうことが出来れば、全ての負債から開放されるのです。

 

 

 

消費者金融からお金を借りていた場合でも、友人間や家族間であってもその金銭消費貸借契約は帳消しとなり、請求権がなくなるのです。

 

 

取り立てがストップ出来る

 

免責許可を得たその日から、債権者は元債権者と言う立ち位置に変わり、元債権者となってからも尚、元債務者に請求をした場合は違法となり、何らかの処罰が下るのです。

 

 

債務整理したら、働けない職業ってあるの?

 

弁護士など、一定の職業は、債務整理の手続き期間は仕事ができません。
しかし、手続き中に資格停止となっていた方であっても、免責許可を取得すれば資格は復権し、資格を活かして働く事が出来るのです。

 

 

債務整理したら、戸籍には登録される?

 

戸籍に登録されてしまうと思い込んでいる方が多いのですが、戸籍へは登録されません。

 

 

債務整理したら、どういう流れで手続きが進むの?

 

簡単に説明すると、債務整理の申し立て(破産宣告)をし、免責許可がおりると負債が帳消しになります。

 

 

 

免責許可を得た時点で、消費者金融などから借りていたお金の返済義務がなくなります。同時に債権者は、返済を求める事も出来なくなりますから金銭消費貸借契約は解除され、債務はなかったことになります。
→債務整理の流れを詳しく見る

 

 

 

免責許可は、数年経過すれば2度目でも取得する事が出来ますが難易度はあがります。
→2回目の債務整理について

 

 

 

それに、免責許可はどんな状態であっても必ず取得できるものではありませんからその都度、審査を受けて債務整理が必要かどうかと言う事が厳しくチェックされるのです。

 

 

債務整理したら、その後の生活はどうなる?

 

債務整理後の生活は、がらりと変わります。
返済義務がなくなるわけですから、返済日を気にする事もなくなりますし、止まない取立てに怯える事もなくなりますから、精神的にも落ち着いた日々を過ごす事が出来るのです。
債務整理したら、発生するデメリット

 

気になる債務整理後の生活ですが、新規借入が出来ないくらいで後は特に変わりがないと言えます。
官報に載る

 

例外なく全員が官報には載りますが、一般の人で官報をチェックしている人はほぼいないと言えるでしょう。
信用情報機関(通称:ブラックリスト)に載る

 

金融機関などが共有している情報の一つである信用登録情報に登録され、そこに債務整理を行ったという事が分かる事故情報が登録されます。
この情報は一般人は見る事が出来ませんから、転職や受験の際に不利になるという事もありません。
ローンが組めない

 

上記の通り、信用情報に登録されると住宅ローンや車のローンも組めなくなります。
クレジットカードが持てない

 

こちらも上記と同じく、しばらくの間クレジットカードが持てません。

 

 

 

一時的にデメリットは発生してしまいますが、負債はなくなるわけですから普通に生活していれば金銭的に困る事も無いのです。
→債務整理のデメリットについてもっと詳しくみる

 

債務整理の種類と違い

 

 

 

他の手段との違いをまとめてみました。

 

 

債務整理《比較一覧表》

 

 

返済
能力
減額 欠点 裁判所
任意整理 有(高) 小 小 通さない
個人再生 有(低) 中 中 通す
債務整理 無 全額 大 通す

 

 

 

たとえば…

 

 

 

継続した収入がある
裁判所を通さず負債を減額したい
任意整理

 

 

 

継続した収入がある
裁判所を通して負債を大幅に減額したい
個人再生

 

 

 

継続した収入がない
裁判所を通して負債を帳消しにしたい
債務整理

 

 

 

という風に、人それぞれ、状況に合った債務整理の手段を選ぶのがベストです。

 

 

どうやって手段を決めればいい?
おすすめは、

 

負債解決シュミレーター!!
どのような手段が最適か、簡単にチェックできます。

 

 

 

最適な手段がわかったら…
もしくは、まだ悩むようだったら…
無料相談を利用してみましょう!

 

 

 

1番手っ取り早い、弁護士への相談なんですが…気になるのは費用。債務整理を検討中なのに、これ以上、費用がかさむのは困りますよね。

 

 

 

そこで、無料相談を受け付けている事務所をご紹介します。

 

 

 

無料で、知識をお借りして、選択肢を広げることが出来るので、損はないです!
悩んだらまずは行動!!

 

 

 

→おすすめの弁護士事務所の紹介はこちら

 

弁護士に依頼する前に…
自分に最適な負債解決方法がわからない…

 

⇒まずはここから匿名で無料シミュレーションを試してみましょう。

 

 

弁護士事務所の選び方ガイド ※弁護士事務所を選ぶ前に
負債問題に特化した事務所

 

を探す!

 

負債問題を解決するためには、知識や経験がとても大事です。

 

 

 

やはり実績などがある事務所は安心できます!HPなどでチェックもできます。

 

 

総合費用を確認する

 

HPなどに記載されている場合もありますが、あくまでも目安なので
ご自身のケースでいくらかかるか?しっかり確認しましょう!
※分割払いできるかどうか?もチェック!

 

 

無料相談

 

直接会って相談してみましょう!
大事なポイントは、
人柄

 

性格の合う合わない、話しやすさ、信頼できるかどうか?など

 

 

解決策の提案

 

具体的にどのような提案をしてくれるか?

 

 

条件に合っているか?

 

家族に内緒で手続きを進めたい、取立をすぐに止めてほしい…など、ご自身の希望などを具体的に伝えてみましょう!

 

 

 

 

おすすめの弁護士事務所

 

負債問題に特化していて、総合費用を明確に提示してくれ、無料相談も受け付けている弁護士事務所です。

 

 

 

 

 

メールや電話でも受付しているので、まずは専門家の話を聞いてみることをおすすめいたします。

 

 

 

無料で知識が深まり、視野が広がります。
早めの行動=吉です。悩んだらまず行動!!